楽天・全米株式インデックスファンドで投資信託つみたて開始

いよいよ、つみたてNISAが始まることも有り、毎月積み立てる形での投資も検討していました。

まず、つみたてNISAですが、20年という期間に魅力は感じるものの、やはり年額40万円という限度額の低さから通常NISAで行くことにしています。

訳有って、国内株式にかなり偏ったポートフォリオになっているため、外国投資を大前提として検討しました。

具体的には、アメリカの指標へのインデックス投資です。

続きを読む

大きなセールスポイントを失った松井証券(8628)を売却しました

「1日10万円までの約定なら手数料無料」という条件は、投資初心者(または少額投資者)にとっては非常に魅力的に映るため、ユーザー獲得についてはとても効果的と考えていました。

ところが、ここに楽天&SBI証券が相次いで追従したことから、松井証券だけの際立ったセールスポイントでは無くなってしまったため、売却のタイミングを計っていたものです。

これまで、NISAやiDeCo、外国株式など、様々な切り口で比較してきましたが、ネット証券は今後、この2社による寡占が更に進むのではないかと考えています。

続きを読む

10/29まで1冊5円で購入できます:(投資マンガ)インベスターZ

先日投稿した(投資マンガ)インベスターZが無料で読める:Amazon Prime Reading をきっかけに読み始めた投資マンガ「インベスターZ」が、完結編となる第21巻の発売を記念して、1巻~20巻の電子書籍版を1冊5円で販売しています。(10/27~10/29の72時間限定)

1冊5円で20冊ですから合計100円!ですので早速購入しました。
第21巻は540円で定価購入したとしても全21巻で640円という破格の安さで入手できる大チャンスですね。
(Amazon Prime会員の方は、Amazon Prime Readingで1~3巻までが無料で読めます。)

受験をテーマにしたヒット作品「ドラゴン桜」の著者による、投資をテーマにした作品として注目していました。

先日読み始めたばかりで、まだ3巻を読み終えたところですが、投資初心者からベテランまで楽しめる内容になっています。

あらすじ

続きを読む

「たわらノーロード先進国株式」を毎月100%に決めました:iDeCo

5月頃に申し込み、延々待たされた挙句、9月にやっとiDeCo口座が開設しました。

書類はかなり厳格で、「株式会社」に「かぶしきがいしゃ」とフリガナを振っていないと理由で書類が戻って来た日には、サスガにムキッ!となりました。

金融機関は各種手数料が最安値で、Webサイトが証券口座とシームレスに統合していて扱いやすい楽天証券を選択しています。

iDeCo(個人型確定拠出年金)は60歳以降まで引き出せないというデメリットは有るものの、
下記3つの節税メリットが有ることから、最大掛金である23,000円を月々積み立てることにしています。

  • 積立時:毎月の掛金が「全額所得控除」
  • 運用時:分配金などの運用利益が「非課税」
  • 受取時:受取方法に関わらず一定額まで「非課税」

配分は、リスク分散とアクティブ運用を求めて外国株式の中から、ファンドの管理費用が安い「たわらノーロード先進国株式」に100%としています。

iDeCoセミナーでのQ&A

続きを読む