貸株

初めての「貸株」貸借料が入金されました:楽天証券

先日初めて取り組んだ貸株で貸借料が入金されました。

購入してすぐに貸株(優待優先)に出してから現在に至っていますが、優待の権利確定日には自動で返却され、翌日には再び貸株になっているのがとても便利です。

日次の貸借料の明細

自動返却

この銘柄の貸株金利は0.10%ですが15.00%の銘柄もありますので、売買益、配当金、株主優待に続く新たな収益源になりますね。

2017/09/12 追記
長期保有していると優待条件が良くなる銘柄は、貸株に出してしまうと保有期間がリセットされてしまいますので注意が必要です。

貸株で株主優待に加え、配当金の自動取得に対応:楽天証券

楽天証券の貸株では、9/4より配当金の自動取得ができるようになるようです。

保有している株式を貸し出すことで金利を得つつ、権利確定日には自動で返却されることで、優待や配当金も得られることになります。
とは言っても、既に株主優待の自動取得には対応していましたので、今回の対応は「株主優待がない銘柄」でも「配当が発生すれば」自動返却して貰えるということなんでしょう。

今後もできる限りNISA口座を使っていくつもりですが、配当が低く優待が有る銘柄は特定口座を使っているので、NISA枠を溢れた分と併せて積極的に貸株を利用していきたいと思います。

 

株主優待・配当金自動取得サービス(楽天証券)